医療訴訟の勝訴率

医療訴訟においては、一般的に訴訟する前に患者側の弁護士は、話し合いの機会を医療機関側と持ちます。
明らかに医療機関側のミスである事案の場合には、ほとんどの場合医療機関側がこの話し合いの場合に自身のミスを認めて示談にします。
つまり、相当程度医療機関側のミスが明確な場合は、医療訴訟になることはなく、解決が示談でされるようになります。
そのため、医療訴訟になる案件は、立証が難しい、ミスの有無が明確でない、というようなものに必然的になります。
このことが、医療訴訟において、勝訴率が患者側において低くなる一つの理由です。


では、医療訴訟の裁判は、何か一般の訴訟の裁判と違っているのでしょうか?まず、医療訴訟におけるミスは、微妙に一般的なミスとは違っています。
例えば、奏効しなかった治療の場合でも、治療水準が標準的なものに達していると、ミスが認められないことも多くあります。


また、高い専門性のある医療行為は、ミスを立証することが一般の事件よりも困難である、というようなこともあります。
さらに、医療機関側のミスについては、患者側が立証する必要があります。
しかしながら、医師は一般的に医師を守るような傾向があるため、ミスを証言してくれるような医師を探すのは、非常に難しいものです。
医療訴訟の場合に勝訴率が患者側において低くなるのは、非常に医療が専門的な分野であるからでしょう。


本サイトでは、勝訴率が低い理由、被害の立証が困難、患者側は素人である、についてご紹介します。



▼PICK UP
B型肝炎給付金の訴訟を行っている法律事務所のサイトです ... B型肝炎 給付金

Copyright © 2014 医療訴訟、なぜ勝訴率が低いか All Rights Reserved.